『驕る知伯を挟み射ち』
主文

 ── 知伯地を魏桓子に索む.

 知伯索地於魏桓子 魏桓子弗予 任章曰 何故弗予 桓子曰 無故索地 故弗予 任章曰 無故索地 鄰國必恐 重欲無厭 天下必懼 君予之地 知伯必驕 驕而輕敵 鄰國懼而相親 以相親之兵 待輕敵之國 知氏之命不長矣 周書曰 將欲敗之 必姑輔之 將欲取之 必姑與之 君不如與之以驕知伯 君何釋以天下圖知氏 而獨以吾國為知氏質乎 君曰 善 乃與之萬家之邑一 知伯大說 因索蔡皋梁於趙 趙弗與 因圍晉陽 韓魏反於外 趙氏應之於內 知氏遂亡

 知伯、地を魏桓子に索(もと)む。魏桓子予(あた)へず。任章曰く、何の故にか予へざる。桓子曰く、故無く地を索む、故に予へず。任章曰く、故無く地を索めば隣国必ず恐れん、重欲(むさぼ)るに厭(あ)く無くんば天下必ず懼(おび)へん、君、地を予へば、知伯必ず驕らん、驕りて敵を軽んぜば隣(とな)る国々懼(おそ)れて相親しむ、相親しむの兵を以て敵を軽んずるの国を待(たい)せば、知氏の命(めい)長からじ、周書に曰く、之を敗らんと将欲(ほつ)せば必ず姑(しばら)く之を輔(たす)けよ、之に取らんと将欲せば必ず姑く之に与へよ、君、之に与へて知伯を驕(あざむ)くに如かず、君何ぞ天下を以て知氏を図ることを釈(す)て、而(しかう)して独り吾が国を以て知氏の質と為(な)さんや。君曰く、善(よ)し。乃ち之に万家の邑一を与ふ。知伯大いに説(よろこ)ぶ。因りて蔡 皋(カウ)梁を趙に索む。趙与へず。因りて晋陽を囲む。韓 魏、外に反す。趙氏、之に内より応ず。知氏遂に亡ぶ。


 晋の知伯が同じ晋の魏桓子に土地を無心した。
 魏桓子は渡さなかった。任章が会って確かめた「どういう訳ですか、さしあげなかったのは」
 桓子が言うには「訳もなく土地を無心してきた。そういう訳でやらなかった」
 任章はことばを継いだ「わけなく土地を欲しがればお隣の国はさぞかし恐がるでしょう、度重なって強欲に歯止めが利かなくなれば天下軒並み震え上がるものでしょう。すなわち、主君が土地を差し出せば知伯はさぞやつけあがり、つけあがって軽々しく人様の領有を減らすようになれば隣接する国々は仰天してお互いにくっつきます、一致団結の兵術で孤立の国を相手にすれば知氏一族の命運も長くはありません。周書に言います、これを負かすには必ず差当りこれを支えよ、これに奪うには必ず差当りこれに与えよ。主君は差当りこれに与えて知伯を担いでおくほうが断然有利です。主君は何でまた天下団結の知氏包囲網を解いて、一匹犬でわが国を知氏一族の矢の的のど真ん中にしてしまうのですか」
 主君は「なるほど」と同意した。そういう訳で一万戸の町ひとつを奮発した。
 知伯は興奮して大喜びだった。味を占めて、とうとう趙には蔡だの皋だの梁だのと吹っ掛けていた。趙は渡すよしもなかった。
 こうして晋陽を囲んだ。そして韓魏が城外で謀反した。趙氏も総力を挙げてそれに城内から呼応した。知氏一族はそのまま滅んだ。

inserted by FC2 system