『知伯地を魏桓子に索む.』
訓み下し文

 知伯、地を魏桓子に索(もと)む。魏桓子予(あた)へず。任章曰く、何の故にか予へざる。桓子曰く、故無く地を索む、故に予へず。任章曰く、故無く地を索めば隣国必ず恐れん、重欲(むさぼ)るに厭(あ)く無くんば天下必ず懼(おび)へん、君、地を予へば、知伯必ず驕らん、驕りて敵を軽んぜば隣(とな)る国々懼(おそ)れて相親しむ、相親しむの兵を以て敵を軽んずるの国を待(たい)せば、知氏の命(めい)長からじ、周書に曰く、之を敗らんと将欲(ほつ)せば必ず姑(しばら)く之を輔(たす)けよ、之に取らんと将欲せば必ず姑く之に与へよ、君、之に与へて知伯を驕(あざむ)くに如かず、君何ぞ天下を以て知氏を図ることを釈(す)て、而(しかう)して独り吾が国を以て知氏の質と為(な)さんや。君曰く、善(よ)し。乃ち之に万家の邑一を与ふ。知伯大いに説(よろこ)ぶ。因りて蔡 皋(カウ)梁を趙に索む。趙与へず。因りて晋陽を囲む。韓 魏、外に反す。趙氏、之に内より応ず。知氏遂に亡ぶ。

inserted by FC2 system