春秋左氏伝
哀公二十三年

 ── 『春秋左氏傳』哀公二十三年

 【 伝本 】
 二十三年、春、宋景曹卒。季康子使冉有弔、且送葬、曰、敝邑有社稷之事、使肥與有職競焉、是以不得助執紼、使求從輿人、曰、以肥之得備彌甥也、有不腆先人之產馬、使求薦諸夫人之宰、其可以稱旌繁乎。
 夏、六月、晉荀瑤伐齊。高無平帥師御之。知伯視齊師、馬駭遂驅之、曰、齊人知余旗、其謂余畏而反也、及壘而還、將戰。長武子請卜。知伯曰、君告於天子、而卜之以守龜於宗祧、吉矣、吾又何卜焉、且齊人取我英丘、君命瑤、非敢耀武也、治英丘也、以辭伐罪足矣、何必卜。壬辰、戰于犁丘。齊師敗績。知伯親禽顏庚。
 秋、八月、叔青如越。始使越也。越諸鞅來聘。報叔青也。

 【 訓み下し文 】
 (前略)
 夏、六月、晋の荀瑤(じゅんえう)、斉を伐つ。高無平(かうむへい)、師を帥(ひき)ゐ之を御(ふせ)ぐ。知伯、斉師を視(み)るも、馬駭(おどろ)く遂(まま)に之を駆(か)り、曰く、斉人(せいひと)、余(よ)の旗(はた)を知らん、其れ謂(い)はんや余畏(おそ)れて反(かへ)ると、塁(るい)に及(およ)びて還(かへ)し、将(まさ)に戦(たたか)はんとす。長武子(ちやうぶし)、卜(ぼく)を請(こ)ふ。知伯曰く、君、天子に告げ、而(しか)して之を卜(うらな)ふに亀(き)を宗祧(そうてう)に守ることを以てし、吉(きち)たり、吾(われ)(また)(なん)ぞ焉(これ)を卜はん、且(か)つ斉人我が英丘(えいきう)を取る、君、瑤(えう)に命ずること、敢(あへ)て武(ぶ)を耀(かがや)かすに非ざるなり、英丘を治めるなり、辞(ことば)に罪を伐つを以て足るのみ、何ぞ必ずしも卜はんや。壬辰(じんしん)、犁丘(りきう)に戦ふ。斉師敗績(はいせき)す。知伯親(みづか)ら顏庚(がんかう)を禽(とら)ふ。
 (後略)

 ※ 語註 ※
※哀公二十三年 紀元前472年。
※晉荀瑤 晋の荀氏の瑤。智伯の本名。知伯は晋の智という地方を所領とする伯爵。
※高無平 高氏は斉国の名門。高無平は8年前の哀公十五年に燕国へ出奔した記事がある。
※馬駭遂驅之 この文意はこっそり敵情視察中に戦車の馬が騒ぎ、仕方なくその弾みで馬を自陣営へ走り出させたということ。遂は成行きに任せるという字。
※余旗 余は自称。将軍の旗には猛獣などが描かれたといわれる。
※而卜之以守龜於宗祧 しきたりどおり既に正しい手続きが踏まれていることを強調する倒置形の文節。龜は亀卜。宗祧は宗廟と祧。王城を背にして右に社稷、左に宗廟を設けた。祧は五代前の御霊を遠い祖先の御霊にまとめる。
※壬辰 同六月の壬辰の日。みづのえたつ、第29日目。
※長武子 ※英丘 ※犁丘 ※顏庚 以上、未詳。

inserted by FC2 system