『智伯、衛を伐たんと欲し.』
訓み下し文

 智伯、衛を伐たんと欲し、衛君に野馬四 白璧一を遺(おく)る。衛君大いに悦ぶ。群臣皆賀(いは)ふに、南文子に憂色有り。衛君曰く、大国大いに懽(した)しむ、而るに子に憂色有るは何ぞや。文子曰く、無功の賞無力(りき)の礼は察せざる可からず、また野馬四白璧一、此れ小国の礼なり、而るに大国之を致すこと、君之を図れ。衛君、其の言を以て辺境に告ぐ。智伯果たして兵を起して衛を襲ひ、境に至るも反りて曰く、衛に賢人有らん、先だち吾が謀を知れるかな。

inserted by FC2 system