『応援俳優』
主文

 ── 斉、宋を攻む。宋、臧子を.

 齊攻宋 宋使臧子索救於荊 荊王大說 許救甚勸 臧子憂而反 其御曰 索救而得 有憂色何也 臧子曰 宋小而齊大 夫救於小宋而惡於大齊 此王之所憂也 而荊王說甚 必以堅我 我堅而齊敝 荊之利也 臧子乃歸 齊王果拔宋五城 而荊王不至

 斉、宋を攻む。宋、臧子をして救ひを荊に索(もと)めしむ。荊王大いに説(よろこ)び、救ひを許し甚だ勧(はげ)ます。臧子憂へて反る。其の御曰く、救ひを索めて得るに、憂色有るは何ぞや。臧子曰く、宋は小にして斉は大、夫(そ)れ小宋を救うて大斉に悪(くる)しむ、此(こ)れ王の憂ふる所なれども、荊王説ぶこと甚だし、必ず以て我を堅(こは)くす、我堅くして斉敝(つか)るること、荊の利なり。臧子乃ち帰る。斉王果たして宋の五城を抜けども、荊王至らず。


 斉が宋国に侵攻した。宋は臧子を使者に立てて、荊(楚国)に援軍を申し入れてみた。荊王はたいそうなご機嫌で使者を歓迎し、援軍を承諾してあまつさえ盛んに励ましもした。使者の臧子はその応援を手土産にして、浮かない顔でとぼとぼと馬車に戻った。御者がいぶかしげに言った「援軍を当たってみてうまく取り付けてきたのに、お顔を曇らせて足取りも重いのはどういうわけでしょうか」臧子は相手をまっすぐに見ながら語った「宋は小さく斉は大きい、いったい小国の宋に味方したばかりに大国の斉と苦しい戦いを演じることになる、それはどこの国にしろ気が重いはず、ところが荊王はえらいご機嫌なのだ。われらを手ごわくする魂胆に違いない、われらが手ごわいほど斉は消耗する、荊王の思うツボだ」臧子は深い溜息を置き土産にして国へ帰った。斉王がいよいよ宋の城五つを陥落させても荊王は出てこなかった。

inserted by FC2 system