『さまよえる将軍楽羊』
主文

 ── 楽羊魏将と為り.

 樂羊為魏將而攻中山 其子在中山 中山之君烹其子而遺之羹 樂羊坐於幕下而啜之 盡一杯 文侯謂睹師贊曰 樂羊以我之國外 食其子之肉 贊對曰 其子之肉尚食之 其誰不食 樂羊既罷中山 文侯賞其功而疑其心

 楽羊、魏の将と為りて中山を攻む。其れの子、中山に在り。中山の君、其れの子を烹(に)て之を羹(あつもの)に遺す。楽羊、幕下に坐して之を啜(すす)り、一杯を尽す。文侯、睹師賛に謂つて曰く、楽羊、我を以て國の外へ之き、其れの子の肉を食ふ。賛対へて曰く、其れ子の肉すら尚ほ食す、誰食せざる。楽羊既に中山を罷(や)む。文侯、其の功を賞するも、而も其れの心を疑へり。


 楽羊が魏の大将として中山国へ攻めかかった。中山には彼の子がいた。中山国の君主が彼の子を釜茹でに処し、それを煮込み汁にして父の陣営にも送りつけた。楽羊はお椀を手元に引き取ると無言で陣舎に坐ってすすり、飲み干した。魏の文侯はその報を受けると興奮気味に睹師賛にも告げた、「楽羊が我が国のためによその国でその子の肉を食った」睹師賛のほうは白々しい顔をしていた、「彼は子の肉でさえ召し上がった、もう誰であれば召されないのですかね」楽羊が中山から戻ると、文侯はその功労を褒賞しながらも、彼の二心を警戒した。

inserted by FC2 system