『講師文侯』
主文

 ── 韓趙相難ず.

 韓趙相難 韓索兵於魏曰 願得借師以伐趙 魏文侯曰 寡人與趙兄弟 不敢從 趙又索兵以攻韓 文侯曰 寡人與韓兄弟 不敢從 二國不得兵 怒而反 已乃知文侯已講於己也 皆朝魏

 韓趙相難ず。韓、魏に兵を索(もと)めて曰く、願はくは師を借り以て趙を伐つことを得ん。魏の文侯曰く、寡人、趙と兄弟(けいてい)、敢て従はず。趙もまた韓を攻むる以(ゆゑ)に兵を索む。文侯曰く、寡人、韓と兄弟、敢て従はず。二国、兵を得ず。怒つて反る。已(すで)にして乃ち文侯の己(おのれ)に講を已(もつ)てすることを知るや、皆魏に朝せり。


 春秋時代の晋国を三つに割った韓魏趙のいわゆる三晋。
 ある時その韓と趙がいまにも手を出し合ってしまいそうなほど険悪になった。
 案の定、韓が兵力を縒(よ)り合わせようと思って魏に持ちかけてきた。「貴国にお願いの儀は師をお出しいただくこと、共に出師(すいし)し趙を伐ちのめそうではないか、ぜひ師をお貸し下され」
 魏の文侯が応じた。「わたくしめ、先様の趙とは手に手を取り合う兄弟の間柄、手をお出しになることには付き従おうとも思いません」
 韓を断ったのも束の間、今度は手に手をの趙もやって来て、もちろん韓攻撃のために兵力を縒り合わせようと言う。
 文侯は応じた。「わたくしめ、先様の韓とは手に手を取り合う兄弟の間柄、手をお出しになることには付き従おうとも思いません」
 どちらの国も魏の兵力を当てにできなくなり、怒って国へ引き返してしまった。
 しかししばらくして文侯が講和を教えていたのだと思い当たると、共に並んで魏に参朝し、文侯を師と仰いだ。

inserted by FC2 system