『史記 商君列傳』
太史公賛 全文

 ── 商君列傳 太史公曰く.
【 原文 】
 太史公曰 商君其天資刻薄人也 跡其欲干孝公以帝王術 挾持浮說 非其質矣 且所因由嬖臣 及得用 刑公子虔 欺魏將卬 不師趙良之言 亦足發明商君之少恩矣 余嘗讀商君開塞耕戰書 與其人行事相類 卒受惡名於秦 有以也夫
【 訓み下し文 】
 太史公曰く、商君、其の天資は刻薄の人なり。孝公に干(もと)めんに帝王の術を以てせしことを跡(たづ)ぬるに、浮説を挾持し、其の質に非じ。且つ因由せし所は嬖臣、用ゐを得るに及び、公子虔を刑し、魏将卬を欺き、趙良の言を師とせざること、また商君の恩少なきを発明するに足れり。余嘗て商君の開塞・耕戦の書を読みしに、其の人の行事と相類す。卒(つひ)に秦に悪名を受くること、以(ゆゑ)有るかな。
【 現代日本語訳 】
(岩波文庫『史記列伝』 小川環樹・今鷹真・福島吉彦──訳)
 太史公曰く、商君は生れつき刻薄な男であったのであろう。かれが孝公にとりいろうとして先ず帝王の政策を説いたのは、心にもないことばであって、本心ではなかった。しかも手づるにしたのは寵愛の宦官であった。任用せられてからは、公子虔を処刑し、魏の大将卬をあざむき、趙良の言葉を教訓としなかったことも、商君が温情に欠けていたことを示すものである。わたしはかつて商君の開塞・耕戦などの書を読んだ。かれ自身の行なった事と似ていた。最後に秦において悪名をこうむったのは、ゆえあることだったのだ。
【 もう少し訓下し 】
 太史公(たいしこう=著者司馬遷)(いは)く、商君(しやうくん)、其(そ)の天資(てんし)は刻薄(こくはく)の人(ひと)なり。孝公(かうこう)に干(もと)めんに帝王(ていわう)の術(じゅつ)を以(もつ)てせしことを跡(たづ)ぬるに、浮説(ふせつ)を挾持(けふぢ)し、其(そ)の質(しつ)に非(あら)じ。且(か)つ因由(いんいう)せし所(ところ)は嬖臣(へいしん)、用(もち)ゐを得(う)るに及(およ)び、公子(こうし)(けん)を刑(けい)し、魏将(ぎしやう)(がう)を欺(あざむ)き、趙良(てうりやう)の言(げん)を師(し)とせざること、また商君の恩(おん)(すく)なきを発明(はつめい)するに足(た)れり。余(よ)(かつ)て商君の開塞(かいそく)・耕戦(かうせん)の書(しょ)を読(よ)みしに、其の人の行事(かうじ)と相(あひ)(るゐ)す。卒(つひ)に秦(しん)に悪名(あくめい)を受(う)くること、以(ゆゑ)(あ)るかな。

inserted by FC2 system