『深刻な秦国』
主文

 ── 衛鞅魏を亡げ秦に入る.

 衛鞅亡魏入秦 孝公以為相 封之於商 號曰商君 商君治秦法令 至行公平無私 罰不諱強大 賞不私親近 法及太子 黥劓其傅 期年之後 道不拾遺 民不妄取 兵革大強 諸侯畏懼 然刻深寡恩 特以強服之耳 孝公行之八(十八)年 疾且不起 欲傳商君 辭不受 孝公已死 惠王代後 蒞政有頃 商君告歸 人說惠王曰 大臣太重者國危 左右太親者深危 今秦婦人嬰兒 皆言商君之法 莫言大王之法 是商君反為主 大王更為臣也 且夫商君 固大王之仇讎也 願大王圖之 商君歸還 惠王車裂之 而秦人不憐

 衛鞅、魏を亡げ秦に入る。孝公、以て相と為し、之を商に封ず。號して商君と曰ふ。商君、秦の法令を治め、至つて公平無私を行ふ。罰すること強大を諱まず、賞すること親近を私せず、法は太子に及び、其の傅(ふ)を黥劓(げいぎ)す。期年の後、道に拾遺せず、民に妄取せず、兵は大強に革(あらた)まり、諸侯は畏懼す。然り、刻深寡恩に、特(た)だに強を以て之を服するのみ。孝公之を行ふこと八(十八)年、疾(たふ)れ且つ起(た)たず、商君に伝へんと欲す。辞し受けず。孝公已(すで)に死し、恵王代りし後、政に蒞(のぞ)むこと有頃(しばし)、商君告帰す。人、恵王に説いて曰く、大臣太(はなは)だ重ければ国危ふく、左右太だ親(ちか)ければ深(しん)危ふし。今、秦の婦人嬰兒、皆商君の法と言ひ、大王の法と言ふこと莫(な)し、是(こ)れ、商君主の為(ため)にするに反し、大王臣の為(ため)に更(かは)るなり。且つ夫れ商君、固(もと)より大王の仇讎なり、願はくは大王図らん。商君帰還す。恵王之を車裂するも、而も秦人憐まず。


 かの衛鞅──、梁恵王と公叔痤のふざけた掛け合いのせいで大国の魏から避難するはめになった有名な公孫鞅のことだが、秦に亡命した後の彼について僭越ながら少々補足する。
 すでに語られているとおり衛鞅は秦の孝公に大歓迎で受け入れられて頭角を現す。やがて宰相となり、商の地に封じられたので商君という。よってこれからは商君と呼ぶ。
 孝公に用いられた当初から、商君は秦の法令の監督官になり、いたって公平無私な仕事ぶりだった。国の実力者であろうと果敢に罰し、逆に褒賞する場合も身びいきをしなかった。法令を太子にさえ厳格に適用し、お守り役をむごたらしい囚人顔の刑罰に処すほどだった。
 そして一年。公道で拾得せず、民間からゆすり取らず、秦では民も役人も不正に着服することがなくなった。国民性の紀律正しさは軍事力強化につながり、周辺諸侯は恐れおののくばかりだった。それはそうだ、敵となれば苛烈に痛めつけ、味方になっても面倒は見てやらない、ひとえに強国の武威だけで面従を獲得したのだ。本当に恐れられるだけだった。
 秦君孝公はそんな商君流を実践すること八(十八)年、急病で倒れ、快方の見込みもなく、いにしえの聖帝に倣って商君に譲位したいと思った。だが当の商君が正式に辞退した。
 孝公が他界し、代わって恵王が立った後、しばらく摂政として新君主の指導にあたっていた商君はあるとき用を告げて領地へ出かけた。
 その留守のあいだに某方面から恵王に吹聴する者があった。
 「大臣がことさらに出しゃばるようでは国を失い、お側の者にやたら何でもかでも打ち明けるようでは心の奥深い悲しみも天下のお笑いぐさとなりましょう。
 いつでございましたか、世間話の折、相手が商君の法と口にしました。秦国の法のことでございます。おかしいと思ってそれから誰の話にも気を付けておりましたが、一人残らずでございました、秦の男女も男児女児もみな漏れなく商君の法と呼んで大王の法とは申しません。
 ここまでくれば商君が主君を輔ける本分にそむき大王がそんな臣下のせいで消えかけておいでだと申し上げずにおられましょうか。
 そうでございました、かねて大王はまだ太子でございました頃から商君にはずいぶんな仕打ちをこうむっておいでではございませんでしたか?
 またとないただ今のこの機会でございます、どうか大王ご自身のお心で来し方行く末などをお考え下さりませ。鬼の居ぬ間と申します」
 商君が領地から戻ると、恵王はそれをむごたらしい車裂きの刑罰に処してしまった。それでいて秦の国では誰一人として彼に同情するということがなかった。

inserted by FC2 system