『衛鞅魏を亡げ.』
訓み下し文

 衛鞅、魏を亡げ秦に入る。孝公、以て相と為し、之を商に封ず。號して商君と曰ふ。商君、秦の法令を治め、至つて公平無私を行ふ。罰すること強大を諱まず、賞すること親近を私せず、法は太子に及び、其の傅(ふ)を黥劓(げいぎ)す。期年の後、道に拾遺せず、民に妄取せず、兵は大強に革(あらた)まり、諸侯は畏懼す。然り、刻深寡恩に、特(た)だに強を以て之を服するのみ。孝公之を行ふこと八(十八)年、疾(たふ)れ且つ起(た)たず、商君に伝へんと欲す。辞し受けず。孝公已(すで)に死し、恵王代りし後、政に蒞(のぞ)むこと有頃(しばし)、商君告帰す。人、恵王に説いて曰く、大臣太(はなは)だ重ければ国危ふく、左右太だ親(ちか)ければ深(しん)危ふし。今、秦の婦人嬰兒、皆商君の法と言ひ、大王の法と言ふこと莫(な)し、是(こ)れ、商君主の為(ため)にするに反し、大王臣の為(ため)に更(かは)るなり。且つ夫れ商君、固(もと)より大王の仇讎なり、願はくは大王図らん。商君帰還す。恵王之を車裂するも、而も秦人憐まず。

inserted by FC2 system