『老子』第81章(最終章)

 【 原文 】
 信言不美、美言不信、善者不辨、辨者不善、知者不博、博者不知、聖人不積、既以為人、己愈有、既以與人、己愈多、天之道、利而不害、聖人之道、為而不争。
 【 訓み下し文 】
 『信言は美しからず、美言は信たらず、善者は辨ぜず、辨者は善ならず、知者は博(ひろ)からず、博者は知らず、聖人は積(あつ)めず、既に人の為を以てするも己れ愈(いよ)いよ有し、既に人に与へるを以てするも己れ愈いよ多し、天の道は利して害(そこな)はず、聖人の道は為して争はず。』
 【 読解 】
 『老子』のこの最終章は次のように区切って解釈する。
 起: 信言不美 美言不信 
 承: 善者不辨 辨者不善 知者不博 博者不知 
 転: 聖人不積 既以為人 己愈有 既以與人 己愈多 
 結: 天之道 利而不害 聖人之道 為而不争
 前半は三つの命題の羅列ではない。第一命題の主語だけが「信言、美言」、第二第三命題では「善者、辨者、知者、博者」が主語である。第二第三命題は第一命題を展開している。
 「聖人不積」は意外性に富む転換。この「積」は平たく言えば年貢米の徴収で、この場合は最後の「争」の字に対応させることも考え、「アツむ」という訓み方が正しい。
 最後の「争」の字は引っ張り合うこと。この場合はお上が民と収穫物を引っ張り合う。
 「聖人不積」も「聖人之道...不争」も聖人は奪わないの意。
 管子に曰く、「奪ふには先づ与へよ」。
 この最終章はキーワードを隠しているなぞなぞとも言える。答えは「政」である。

inserted by FC2 system