『引き立て将軍』
訓み下し文

 1.
 魏の公叔痤、魏将と為りて韓趙と澮北に戦ひ、楽祚を禽にす。魏王説(よろこ)び郊迎し、賞田百萬を以て之に禄す。公叔痤、反走再拝し辞して曰く、夫(そ)れ士卒をして崩れざらしめ、直(ちょく)にせしめて倚(よ)らざらしめ、揀撓(かんたう)せしめて辟(ひが)めざらしむるもの、此(こ)れ呉起の余教なり、臣は為す能はざるなり。地形の険阻を(睒)眽し、利害の備へに決し、三軍の士をして迷惑せざらしむは巴寧爨襄の力(はたら)きなり。賞罰を前に懸け、民をして昭然と後(しり)に信ぜしむは王の明法なり。敵の撃つ可きを見るや、鼓し敢て怠倦せざるものは臣なり。王特に臣の右手の倦まざるが為に臣を賞するは何ぞや。若し臣の功有るが以(ゆゑ)ならば、臣に何の力(はたら)き有らんや。王曰く、善し。是(ここ)に於て呉起の後(のち)を索(もと)め、之に田二十萬を賜ひ、巴寧爨襄に田各(おの)おの十萬。
 2.
 王曰く、公叔豈に長者に非ずや。既に寡人の為に強敵に勝ちたり、又(ま)た賢者の後(のち)を遺(も)らさず、能士の跡を掩はず。公叔何ぞ益(えき)無かる可けんや。故に又(ま)た田四十萬を与へ、之を百萬の上に加へ、百四十萬を使はす。故(ふる)く老子曰く、聖人積無し、盡く人の為を以てするも、己れ愈(いよ)いよ有し、既に人に与へるを以てするも、己れ愈(いよ)いよ多し。公叔之に当る。

inserted by FC2 system