『荘子』内篇逍遙遊篇.6
魏王貽我 訓み下し文

 «逍遙遊篇 6 - 訓読»
 恵子、荘子に謂ひて曰く、魏王、我に大瓠の種を貽(のこ)したり、我れ之を樹うるに、成りて実るに五石、以て水に盛り漿(しやう)とするも堅し、自ら挙ぐる能はず、之を剖(ひら)き瓢とせんも、則ち瓠落(こらく)し容(い)るる所無し、咢然(がくぜん)たりし大ならざるに非じ、吾れ用無しとして之を掊(うちわ)りたり。荘子曰く、夫子固より大を用ふるに拙きのみ、宋人に善く不亀手の薬を為(つく)る者有り、世世(よよ)(くわう)を洴澼(へいへき)するを以て事と為す、客之を聞き、其の方に百金を買(あがな)はんと請へり、族を聚めて謀りて曰く、我れ世世絖を洴澼するを為すも、数金を過ぎず、今(いま)一朝にして技を百金に鬻(ひさ)ぐ、請ふ之を与へん、客之を得、以て呉王に説く、越、難を有つ、呉王、之をして将たらしむ、冬、越人と水戦し、大いに越人を敗るに、地を裂きて之を封ず、不亀手を能くするは一なるに、或は封を以てし、或は絖を洴澼するを免(まぬか)れず、則ち用ふる所の異なればなり、今、子に五石の瓠有り、何ぞ以て大樽に為(つく)りて江湖に浮かぶるを慮(おもんばか)らずして其の瓠落し容るる所無きを憂えん、則ち夫子猶ほ蓬(ほう)の心有るかな。

inserted by FC2 system