『荘子』内篇逍遙遊篇.7
吾有大樹 訓み下し文

 «逍遙遊篇 7 - 訓読»
 恵子、荘子に謂ひて曰く、吾に大樹有り、人之を樗(ちょ)と謂ふ、其の大本(たいほん)は擁腫(ようしょう)して縄墨に中らず、其の小枝(せうし)は巻曲(けんきょく)して規矩(きく)に中らず、之を塗(みち)に立つるも、匠者(しやうしゃ)顧みず、今、子の言、大なるも用ひらるること無し、衆の同(とも)に去(さ)くる所なり。荘子曰く、子独(とく)に狸狌を見ずや、身を卑しめて伏し、候(うかが)ふを以て敖(あそ)びなば、東西に跳梁(てうりやう)し、高下(かうげ)を避けず、機辟(きへき)に中り、罔罟(まうこ)に死す、今、夫(か)の斄牛(らいぎう)、其の大なるは垂天(すゐてん)の雲の若(ごと)し、此れ能く大を為す、而るに鼠を執ふる能はず、今、子に大樹有るに、其の用ひ無きを患ふ、何ぞ之を有(かぎ)りを何(お)ふ無きの郷(さと)、広莫(くわうばく)の野(や)に樹(た)て、彷徨乎(ほうくわうこ)として其の側(かたは)らに為す無く、逍遙乎(せうえうこ)として其の下(もと)に寝臥せざる、斤斧に夭せず、害さるる無き物なれば、用ひらる可き所無きも、安んぞ困苦する所かな。

inserted by FC2 system