『恵施の逆転覇王道』
訓み下し文

 前段.
 斉、魏、馬陵に戦ふ。斉、大いに魏に勝ち、太子申を殺し、十万の軍を覆(くつがへ)す。魏王、惠施を召して之に告げて曰く、夫(そ)れ斉は寡人の讎(あだ)なり、之を怨むこと死に至るまで忘れじ、国小なりと雖(いへど)も、吾れ悉(ことごと)く兵を起こして之を攻めんと常(つね)に欲す、何如(いかん)。対(こた)へて曰く、不可なり、臣之を聞く、王者は度(ほど)を得(こころ)え、而して霸者は計らふを知る、今、王の臣に告ぐる所以(ゆゑん)の者、度(ど)に疏(うと)くして計(けい)に遠し、王、固(もと)より先に怨みを趙に属(つ)け、而る後に斉と戦ふ、今、戦ひ勝たず、国に守る戦ふの備(そな)へ無し、王また悉く起こして斉を攻めんと欲するは、此れ臣の謂ふ所に非ざるなり、王、若(も)しくは斉に報いんと欲するか、則ち固より服に変じ節に折(かが)みて斉に朝するには如(し)かず、楚王必ず怒らん、王、游(あそ)ぶ人にして其(そ)の闘(とう)に合(むすびあ)へば、則ち楚必ず斉を伐たん、休める楚を以てして罷(つか)れたる斉を伐たば、則ち必ず楚の禽(とりこ)と為(な)らん、是(こ)れ王の楚を以て斉を毀(こぼ)つなり。魏王曰く、善(よ)し。乃(すなは)ち人をして斉に報(ほう)ぜしむらく、願(ねが)はくは臣畜として朝せん。
 後段.
 田嬰許諾す。戰醜曰く、不可なり、戦ひ魏に勝たずして朝礼を得(え)、魏と和(むすびあ)ひて楚に下(む)かふは、此(こ)れ以て大いに勝つ可(べ)し、今、戦ひ魏に勝ち、十万の軍を覆して太子申を禽とし、万乗の魏を臣(めしつかひ)として秦楚を卑(はしため)とするは、此れ其の戻(ばか)を暴(さらけだ)すこと定まれり、且(か)つ楚王の人(ひと)と為(な)りや、兵を用ふるを好みて甚(はなは)だしきは名に務(つと)む、終(つひ)に斉の患(わづら)ひと為る者は、比(くら)ぶるに楚なり。田嬰聴かず。遂に魏王を内(い)れ、而(しか)して之と并(とも)に斉侯に朝すること再三にす。趙氏、之を醜(にく)む。楚王怒り、自ら将(しやう)たりて斉を伐つ。趙、之に応じ、大いに斉を徐州に敗る。

inserted by FC2 system