『馬陵の説難』
訓み下し文

 魏の太子自ら将ゐ宋の外黄を過ぐ。外黄の徐子曰く、臣に百戦し百勝するの術有り、太子能く臣に聴かんか。太子曰く、願はくは之を聞かん。客曰く、固(もと)より願はくは之に効(あやか)らん、今、太子自ら将(まさ)に斉を攻めんとするは、大いに勝ち莒を并(あは)すとも、則ち富は魏を有(たも)つには過ぎず、而して貴は王と為るには益(ま)さじ、若し戦ひ勝(た)へざれば、則ち万世魏無かるべし、此れ臣の百戦し百勝するの術なり。太子曰く、諾、請ふ必ず公の言ふに従ひて還(かへ)らん。客曰く、太子還らんと欲すと雖(いへど)も、得ざらん、彼(かれ)に太子の戦ひ攻むるを利(ほ)つて其の意を満たさんと欲する者衆(おほ)し、太子還らんと欲すと雖も、得ざるを恐れんのみ。太子、車に上(の)り、還るを請ふ。其(そ)の御(ぎょ)曰く、将の出(い)でて還るは北(に)ぐると同じ、行(かう)を遂(と)ぐるに如(し)かず。遂(つひ)に行(ゆ)きぬ。斉人(せいひと)と戦(たたか)ひて死し、卒(つひ)に魏を得ず。

inserted by FC2 system