『将軍章子は主君孝行』
訓み下し文

 秦、道を韓魏に仮り、以て斉を攻む。斉威王、章子を将として之に応ぜしむ。
 秦と和を交(かは)して舎す。使者しばしば相ひ往来す。章子、為(ため)にその徽章を変じ、以て秦軍に雑(まじ)る。
 候者、章子の斉を以て秦に入るを言ふ。威王応ぜず。頃之間(まもあらず)、候者復(ま)た章子の斉兵を以て秦に降(くだ)るを言ふ。威王応ぜず。此(かく)の而(ごと)き者(こと)三たびす。
 有司(いうし)請ひて曰く、章子の敗を言ふ者、人を異にして辞を同じくす、王何んぞ将を発して之を撃たざる。王曰く、此れ寡人に叛(そむ)かざるは明らかならん、曷為(なんす)れぞ之を撃つ。頃間(まなく)して、斉の兵大勝し秦軍の大敗するを言ふ。
 是に於て秦王西藩の臣を拝して斉に謝す。
 左右(さいう)曰く、何を以てか之を知る。
 曰く、章子の母啓(けい)、罪を其れの父に得(え)、其れの父、之を殺して馬棧(ばさん)の下に埋(う)む。吾れ章子をして将とするや、之を勉(はげ)まして曰く、夫(そ)れ子の強(つと)め、兵を全(まつた)くして還(かへ)らば、必ず將軍の母を更(あらた)め葬(はうむ)らん。対(こた)へて曰く、臣、先妾(せんせふ)を更め葬る能(あた)はざるに非ざるなり、臣の母啓、罪を臣の父に得(え)、臣の父いまだ教(をし)へずして死せり、夫(そ)れ父の教(をし)へを得ずして母を更め葬るは是れ死せる父を欺くなり、故(ゆゑ)に敢(あへ)てせじ。夫れ人の子たりて死せる父を欺かず、豈(あ)に人の臣と為(な)りて生ける君を欺かんや。

inserted by FC2 system