『魏武侯諸大夫と』
訓み下し文

 第1段
 魏の武侯、諸大夫と西河に浮び、称して曰く、河山(かさん)の険(けん)、豈(あ)に亦(また)信(まこと)に固からずや。王鍾、侍坐して曰く、此れ晋国の強き所以なり、若(も)し善(よ)く之を修めば、則ち霸王の業の具たらん。呉起対(こた)へて曰く、吾が君の言、国を危ふくするの道なるも、而(しか)も子又(また)之に附(ふ)す、是れ危ふきを重するなり。
 第2段
 武侯、忿然として曰く、子の言は説有りや。呉起対へて曰く、河山の険は信に保つに足らざるなり、覇王の業は此れに従(よ)らざるなり、昔者(むかし)、三苗の居は、左に彭蠡の波有り、右に洞庭の水有り、汶山其(それ)の南に在りて衡山其の北に在り、此の険を恃むや、政を為すは善からずして、禹、之を放逐す、夏桀の国は、天門の陰を左にして天谿の陽を右にし、廬睪其の北に在り、伊洛其の南に出づ、此の険有るや、然(しか)り政を為すは善からずして、湯、之を伐つ、殷紂の国は、孟門を左にして漳滏を右にし、前には河を帯び、後には山を被る、此の険有るや、然り政を為すは善からずして、武王、之を伐つ、且つ君親(みづか)ら臣を従(したが)へて勝ち、城を降せり、城高からざるに非ざるなり、人民衆(おほ)からざるに非ざるなり、然り而うして并(あは)すを得(う)べき者は政悪しきが故(ゆゑ)なり、是(これ)に従りて之を観(み)れば、地形の険阻は、奚(なん)ぞ霸王を以て足らんや。
 第3段
 武侯曰く、善し、吾乃ち今日聖人の言を聞けり、西河の政は專ら之を子に委ねん。

inserted by FC2 system