『燕昭王破燕を収め』
第1段 1⋅2

 第1段 1
 「燕昭王收破燕後即位,卑身厚幣,以招賢者,欲將以報讎。」
 燕の昭王、破燕を收めて位(くらゐ)に即(つ)きし後(のち),身を卑(ひく)くし幣(へい)を厚くして,以(もつ)て賢者を招き,将(まさ)に以て讎(あだ)に報(むく)いんと欲(ほつ)す。
 ─ 燕昭王は紀元前300年前後の燕国君主。在位三十二年間のうち二十八年間を国の雪辱のための臥薪嘗胆にあてたとされる。戦国時代における最も劇的な燕斉戦争で宿願を果たす。そのため戦国期随一の名君と言っていいこの燕王を知らぬ者はなく、この小説のように燕昭王...と書き出しただけでおおよそ作品世界観は了解された。原文『厚幣』は手厚い贈物や引出物。幣は貨幣の幣、原義は絹布の切れ端、貨幣経済以前はそれが貨幣の代わりだったことも。『卑身厚幣』で、家族だけの普段は質素に食事して来客時に御馳走を出すような感覚、いわゆる自分に厳しく他人に優しく、大国の君主なのに見上げた心掛けと言っている。ただし、この冒頭文では、表に見える生活態度からは国の雪辱に懸ける本気度が窺えるものの、それが一向に人材獲得に結び付いていない、怨敵斉国への報復にいたっては夢のまた夢という段階。『以て…、将に以て…』の畳みかけはその歯がゆさの強調。何かがまだ足りていない。 ─
 第1段 2
 「故往見郭隈(隗)先生曰、『齊因孤國之亂,而襲破燕。孤極知燕小力少,不足以報。然得賢士與共國,以雪先王之恥,孤之愿也。敢問以國報讎者奈何?』」
 故(ゆゑ)に往(ゆ)きて郭隗先生を見て曰(いは)く、『斉、孤が国の乱に因(よ)りて,破燕を襲(おそ)へり。孤、極めて燕の小にして力は少なく,以て報ゆるに足らざるを知る。然(しか)れども賢士を得て与(とも)に国を共(とも)にし,以て先王の恥を雪(すす)ぐは,孤の願(ねが)ひなり。敢(あへ)て問(と)ふ国をもつて讎に報ゆるには奈何(いかん)せん』
 ─ 原文『往見…』往の字は古文で『往(い)ぬ』と訓される。希少なナ行変格活用動詞。『行、逝』と同じく『ゆく』の意だが、『往』は行き先の問題ではなく、どちらかといえば立去る、行っちゃったという表現。まさに『ゆく』より『往(い)ぬる』。この文でも、(燕昭王は)どこへという目的地の提示がない。つまり、居ても立ってもいられずにフラっとお出掛けの焦燥する燕昭王。わざわざ郭隗先生を訪ねたのではなく、たまたま見かけただけである。『孤』は謙譲一人称、ここでは少し気安く甘ったれている。『破燕』は前文でも『破燕を収む』として出た。この文では『斉、破燕を襲う』と用いられる。つまり破燕とは、斉の兵に撃破されたことには関係なく、すでに破砕していた燕国を言うようである。 ─


 燕の昭王は破滅の淵にあった国で即位し、やがて戦国期随一の名君となるのだが、即位からしばらくはどうにも事がはかどらなかった。彼は自分では質素倹約に勉めて身を修め、そして臣士人民には手厚く支給して、そういう地道なやり方で賢者を招き寄せていた。その愚直な努力はひとえに復讐したいという悲願のためだったが、しかし進捗ははかばかしくなかった。
 だから外出中に説客の郭隗先生を見かけると、矢も楯もたまらずその事についてお伺いを立ててみた。『斉国は天に見捨てられた我が国の内部抗争に乗じて、仲裁を買って出るようなフリで襲来し、占領統治して属国のように扱いました。その燕国を継いだ身として、それに対して報復しようにも、わたくしは燕の国があまりに小さく国力もはなはだ少ないことを思い、ほとほと困り果てております。でも──知謀鬼神の如き一騎当千の人士を得て、彼らみんなと一緒に国事を図り、かの折に戦死なされた我が父君(ふくん)の借りを返すことはわたくしの悲願、そしてこの国の願うところです。非常に難問ですが、この小さく少ない国が復讐をやり遂げるにはどうしたものでしょうか、何かいい方法はありませんか』

inserted by FC2 system