『燕昭王破燕を収め』
訓み下し文

 第1段
 燕の昭王、破燕を收めて位(くらゐ)に即(つ)きし後(のち),身を卑(ひく)くし幣(へい)を厚くして,以(もつ)て賢者を招き,将(まさ)に以て讎(あだ)に報(むく)いんと欲(ほつ)す。
 故(ゆゑ)に往(ゆ)きて郭隗先生を見て曰(いは)く、『斉、孤が国の乱に因(よ)りて,破燕を襲(おそ)へり。孤、極めて燕の小にして力は少なく,以て報ゆるに足らざるを知る。然(しか)れども賢士を得て与(とも)に国を共(とも)にし,以て先王の恥を雪(すす)ぐは,孤の願(ねが)ひなり。敢(あへ)て問(と)ふ国をもつて讎に報ゆるには奈何(いかん)せん』
 第2段
 郭隗先生、対(こた)へて曰く、『帝者は師と与(とも)に処(を)り,王者は友と与に処り,霸者は臣と与に処り,亡国は役(えき)と与に処る。指を詘(くつ)して之(これ)に事(つか)へ,北面して学を受(う)くれば,則(すなは)ち己(おのれ)に百(ひやく)する者至(いた)る。先(さき)だち趨(はし)りて後(おく)れて息(いこ)ひ,先(ま)づ問(と)うて後に嘿(もく)せば,則ち己に十(じふ)する者至る。人の趨りて己も趨らば,則ち己に若(し)く者至る。几(き)に馮(よ)り杖(つゑ)に拠(よ)り,眄視(べんし)指使(しし)せば,則ち廝役(しえき)の人至る。若(も)し恣睢(しき)奮擊(ふんげき)し,呴籍叱咄せば,則ち徒隸の人至らん。これ古(いにしへ)の道に服し士を致すの法なり。
 王、誠(まこと)に博(ひろ)く国中の賢者を選びて,その門下に朝(てう)せば,天下は王のその賢臣に朝するを聞き,天下の士、必ず燕に趨らん』
 第3段
 昭王、曰く、『寡人、将(は)た誰にか朝(てう)して可(か)ならん』
 郭隗先生、曰く、『臣聞く、古の君人(くんじん)に,千金を以て千里の馬を求むる者有り。三年得る能(あた)はず。涓人(けんじん)、君に言(い)ひて曰く、”請(こ)ふ、これを求めん”。君これを遣(や)る。三月にして千里の馬を得(う)。馬、已(すで)に死にたり。その骨を五百金にて買(か)ひ,反(かへ)りて以て君に報(ほう)ず。君、大いに怒(いか)りて曰く、”求(もと)むる所(ところ)の者は生馬(せいば)なり。安(いづく)んぞ死馬を事(こと)として五百金を捐(す)てんや”。涓人(けんじん)の対(こた)へて曰く、”死馬すら且(か)つ之(これ)を五百金に買(か)ふ,況(いはん)や生馬をや。天下、必ず王を以て能(よ)く馬を市(か)ふと為(な)さん。今に馬至(いた)らん”。是(ここ)において朞年(きねん)なること能(あた)はざるに,千里の馬の至る者の三(さん)ありき。
 今、王、誠に士を致さんと欲せば,先づ隗より始めよ。隗すら且つ事へらる,況や隗より賢なる者をや。豈に千里を遠しとせんや』
 第4段
 ここにおいて昭王、隗の為(ため)に宮を築(きづ)きて之(これ)を師とす。楽毅は魏より往(ゆ)き,鄒衍は斉より往き,劇辛は趙より往き,士、争(あらそ)ひて燕に湊(あつ)まる。
 燕王、死を弔ひ生を問(と)ひ,百姓(ひやくせい)と其(そ)の甘苦を同じうすること二十八年。燕国殷富し,士卒は楽佚して戦(たたか)ひを軽(かろ)んず。
 ここにおいてつひに楽毅を以て上将軍と為(な)し,秦、楚、三晋と謀(はかりごと)を合(あ)はせて以て斉を伐(う)つ。
 斉の兵敗れ,閔王、外に出走す。燕の兵ひとり北(に)ぐるを追(お)ひ、入(い)りて臨淄に至り,尽(ことごと)く斉の宝を取り,その宮室宗廟を焼く。斉の城の下(くだ)らざる者は,ただ独り莒、即墨のみ。

inserted by FC2 system