『晋畢陽の孫予譲』
前段 第1文∼第3文

 前段 第1文
 「晉畢陽之孫豫讓,始事范中行氏而不說,去而就知伯,知伯寵之。」
 晉の畢陽の孫予譲,始め范・中行氏に事(つか)へしも說(よろこ)ばれず,去りて知伯に就けり。知伯これを寵す。
 ─ 畢陽は春秋時代晋国の賢人とされる。畢氏をさかのぼると、始祖は周初の畢公高。高は周朝封建制の開祖である周武王の弟、つまり周文王の子、畢という地を賜って畢公と称される。畢の地には文王以来の周王代々の霊が安置された。いわば晋の畢陽という賢人の祖は封建制周朝の霊を守っていた。この時代劇の主人公はその晋畢陽の孫。もっとも、晋畢陽は西紀前500年代前半の人、この物語は西紀前450年ころ。封建主義忠義物語という時代劇の系図背景としてはたいへん気が利いているものの、畢陽の孫とするにはちょっと年代的に無理がある。 ─
 前段 第2文
 「及三晉分知氏,趙襄子最怨知伯,而將其頭以為飲器。」
 三晋、知氏を分つに及び、趙襄子、最も知伯を怨み、而して其の頭(とう)に将(しやう)となり以て飲むに器と為(な)る。
 ─ 『三晋知氏を分つ』については解題参照。中国古代史上最も有名な権力闘争劇である。趙襄子は知伯に攻められ、数年にわたる生き地獄の籠城戦を余儀なくされた。『最も知伯を怨む』はそのため。原文の而將其頭以為飲器は古来善い解釈がなく、飲器が酒器か便器かでモメてきたと言われる、しかし器の字は後には酒器と使われるものの本来は料理を盛る皿のことでありコップやグラスには別に漢字がある、ここの大意は三晋が知氏を滅ぼしたに当って趙襄子が最も怨みを含んでいたので一番かんばったところ主人公の仇敵になってしまったというもの、將其頭は三晋の先頭に立って知氏を討ったの意、為飲器は知氏の領地を併呑する受け皿になった。知氏を分つの分つはもちろん攻め滅ぼしたということ、その後にその領地を三晋で分割したからそれも含めて分つと表現した、この分つは次の最の字と連係する、最はいちばんの意だが乱暴に取るという字でもある、飲の字には怨みを飲むなど内に含むの意があり最も知伯を怨むの怨の字と連係している、つまり最も知伯を怨むの文節は最もがめつく飲み込むの文節が続くことを予定したもの。 ─
 前段 第3文
 「豫讓遁逃山中曰、嗟乎、士為知己者死,女為悅己者容、吾其報知氏之讎矣。」
 予譲、山中に遁逃して曰く、『ああ──、士は己を知る者の為に死し,女は己を悦ぶ者の為に容る。吾は其れ知氏の讎(あだ)に報いん』。
 ─ 春秋戦国の兵法の定石として、布陣は川を前に、山を背にする。有名な『背水の陣』は型破り、場合の妙手。この主人公の山中逃避は定法どおりに敗戦場から脱出している。『遁逃』は遁も逃ものがれる意。遁は隠遁の遁、ひとりで身を隠す意味合いがある。『己を知る者』は今の日本で用いる『知己』より限定的、理解者や親友。有名な『管鮑の交わり』は『史記』文中には『我を生みし者は父母なれど、我を知る者は鮑氏なり』と出ている。以上のように、『自分を知る者』は通常は交友関係に用いる語法。ここはそれを主従関係に流用した例。しかし適切だったかどうか。『士』は封建的な身分名称、戦国期以降は時代劇でしか言わない。女の『容』は美容、この文の場合の訓読みはかたちづくる、また、かおつくるとも。 ─


 予譲は春秋時代晋国の畢陽という人の孫であり、そもそもは范氏や中行氏に仕えていたのだが、気に入られるということもなかったその親分連中のもとを去り、知伯に身を寄せた。知伯はこの男にたいへん目を掛けた。
 さて韓魏趙の三晋が共謀して知伯を討ち滅ぼし、その所領を分け合うことになったとき、三晋のなかでも趙襄子が最も知伯を怨んでいたので、滅ぼしたときも三晋の先頭に立ってめざましく働き、そして所領の配分のことも最大の受け皿になった、なんでも戦勝祝宴会でしきりに大口をたたいてがめつく分捕ったらしい。知伯は趙襄子の手で殺されたようなものだろう。
 主君知伯の滅亡に際し、予譲は単身で山中に逃走潜伏し、そして自身の今後の在り方を言葉にして確かめた──、『ああ...、士は己を知る者の為に死し,女は己を悦ぶ者の為に容る、という。士とは自分の良き理解者のために命を懸けるものだ,女が自分を愛してくれる男性のためにキレイになるように。主君知伯に見込まれていたわたしがこの世から消し去られた主君一族の仇に報復しないでどうするのだ』。

inserted by FC2 system