『晋畢陽の孫予譲』
現代日本語訳

 予譲は春秋時代晋国の畢陽という人の孫であり、そもそもは范氏や中行氏に仕えていたのだが、気に入られるということもなかったその親分連中のもとを去り、知伯に身を寄せた。知伯はこの男にたいへん目を掛けた。
 さて韓魏趙の三晋が共謀して知伯を討ち滅ぼし、その所領を分け合うことになったとき、三晋のなかでも趙襄子が最も知伯を怨んでいたので、滅ぼしたときも三晋の先頭に立ってめざましく働き、そして所領の配分のことも最大の受け皿になった、なんでも戦勝祝宴会でしきりに大口をたたいてがめつく分捕ったらしい。知伯は趙襄子の手で殺されたようなものだろう。
 主君知伯の滅亡に際し、予譲は単身で山中に逃走潜伏し、そして自身の今後の在り方を言葉にして確かめた──、『ああ...、士は己を知る者の為に死し,女は己を悦ぶ者の為に容る、という。士とは自分の良き理解者のために命を懸けるものだ,女が自分を愛してくれる男性のためにキレイになるように。主君知伯に見込まれていたわたしがこの世から消し去られた主君一族の仇に報復しないでどうするのだ』。
 そこで予譲は氏名を偽り、さらに受刑者となり、狙う標的である趙襄子の邸で便所小屋の壁を塗る刑務労働に就くと、ひそかに塗りゴテに刃物を仕込み、何食わぬ風情で作業しながら、用足しに来る仇敵を待った。いよいよそれは用を足しに現れた。が、趙襄子はにわかに胸騒ぎを覚え、とても労役夫にしては類まれな偉丈夫の予譲その人をたちどころにひっ捕らえさせて尋問してみた。はたして予譲は潔く素性を明かし、誰憚ることなく主君知伯のための仇敵刺殺の企てまでも言ってのけた。趙襄子の侍従一同は観念している当人の望みどおり命を奪おうとした。ところが主人はそれを押しとどめ、言い聞かせた、この者は主君のために命を懸ける忠義の士だ、わたしも自分の立場を思えばどうして殺せようか、天下の義士という義士に背を向けられてしまうだろう、わたしのほうでこの男の野望をかわすしかあるまい、しかももはや知伯はその家ごと亡んでしまったというのに、不敵にもこの家臣はそれでも讎に報いようという、なんと高潔な志の持ち主であることか、それだけでも死なすに惜しい国士だ。趙襄子はそう言ってとうとう刺客を放免してしまった。
 初手合いでは趙襄子に完敗を食らった予譲だが、その失敗からさっそく立ち直り、再挑戦のために扮装ではまったく飽きず足らず、別人になりきることを決意する。身体に漆を塗って癘病持ち、髭も眉毛もきれいさっぱり捨て去り、仕上げに自分で額に前科者の目印を刻み付けて、まさしく見た目には別人となったが、それでもまだ満足が行かず、物乞いのみすぼらしい身なりで衆人のおびただしく往き交う市場へ出かけると、本当に右や左の...と物乞いをして、心持ちを卑しくした。すると自分の妻が突如現れた。『あら、まあ? 家を出たっきりの夫の声がすると思ったのに、似ても似つかないまったくの別人。でも薄気味悪いくらい声だけそっくりで、夫の顔が浮かんで来るようだわ』彼女は夫の悲壮な変身を知らないままそう言った。予譲はアジトに帰るなり炭を呑み込んだ。発声が不自由になった喉はもはや生来の声を出せなかった。
 そんな予譲に友人が忠告した。『あなたのやり方はなんとまあご苦労なことだ、それでいて成功する見込みも無いときた。本当にね、あなたの心意気は認めるよ、でもね、利口ではない。あなたほどの才人なんだからそれを発揮して、うまくあちらさんに取り入ってごらんよ、あちらさんは間違いなく大歓迎であなたを近づけるさ、近づいてしまってからあなたの大願を果たすのなら、なんとまあ楽で確実に成功することか』。予譲はすかさず笑ってそれをあしらった。『それこそ先の親友のためにあとの親友に仕返ししたり、以前の主君のために新しい主君を害するということで、君臣のあいだの義理というものは糸がもつれるように何が何だか訳がわからなくなるのさ。そこのところを見過ごされては困るんだ。なにしろ僕が苦心惨憺するというのも、ひとえにその義理をお目にかけようとしてのことだ、いかに手っ取り早く成就するかという問題ではない。それから、古式ゆかしく礼物の贄を恭しく献上して臣下になり、それでいて主君を亡き者にしようときた、それは面従腹背の逆心を抱いて主君に仕えることだ、僕の苦心惨憺は正反対に後の世までも天下広くそういう破廉恥な臣下を慙愧に堪えなくさせようというんだ』。
 人事を尽くして機を窺うことしばし、とうとう狙う仇敵の外出予定を探り出すと、予譲は先回りして通り道にある橋の下で待伏せした。そうとは知らずに趙襄子は橋まで来た、が、とたんに臆病な馬車馬が騒ぎ出す。趙襄子ははたと思い当たり、従者一同に叫びたてた。『これは予譲だ! 必ずそのへんに潜んでいよう』。付近を物見させたところ、壁塗り人足の時とは似ても似ぬ無宿者の物乞いを見つけ出した、それが予譲だと趙襄子は言う。従者に尋問させてみると、はたして予譲は潔く観念して正体を明かした。
 趙襄子が眼前に引き据えさせた予譲は完璧に人の違った卑賎な物乞いであるばかりか、それに見合う半生すら想像させるほど。草食動物の臆病な本能でなければ気付けるものではなかった。趙襄子はいささか戦慄を覚え、予譲に面と向かってその義挙の矛盾点を数え上げた。『先生はもともと范氏や中行氏に仕えていましたが、知伯がその范氏や中行氏を滅ぼしても、先生はそれには復讐することもなく、かえってその時は主君の仇敵であるはずの知伯に古式ゆかしく礼物の贄を恭しく献上して仕えました。さて今度は知伯が滅ぼされた、だったら今度だって復讐するどころか知伯を滅ぼした者に仕えるべきではないのか、なのに今度に限って知伯のための復讐にそういう先生だけが執念深く血道をあげるとは何なのですか』。予譲のほうはこう語る。『いかにも、わたくしは范氏や中行氏に仕えておりました。並の臣下の待遇を受けました。ですから彼らのためには並の臣下として振舞いました。知伯のほうはわたくしを国士であるかのように扱ったのです、わたくしはですから知伯のためには国士のように振舞っております』。
 予譲の言葉を聞いて、襄子は深い感慨に沈み、それは深い溜息になった。死なすに惜しい国士──、ほんの軽口のつもりだった言葉が今さら胸に激しく迫った。しかし予譲の信念は微動もしない、ならば倶に天を戴けない今生の敵同士、襄子は目に嘆きの涙しながらも告げざるを得なかった。『ああ...予譲先生、先生のご忠義はもう十分にのちの語り草となるでしょう。それからわたくしめが一度は先生を赦免したことも先生の尊いおこころざしに十分報いたものだったはずです。ああ...予譲先生、もうわたくしめからはつべこべ申しません、先生自身の考えを聞かせてください。わたくしめとしては、先生をまた野に放つことは断じてない── ...お覚悟を』。以前予譲を見くびった時とは打って変わり、襄子は手兵で厳重にぐるりと取り囲ませた。
 趙襄子の涙ながらの処刑宣告に予譲も応じた。『わたくしはこう聞いております、明主も人の義を掩(おお)わなかった、忠臣も死ぬ危険にひるまなかったので名を成した、と。君におかれましてはもう前の折に恐れ多いわたくしを寛大なるお心でお赦しになっておいでです、天下に君の賢明を称賛しない者などおりません。今日の事を申し述べますと、わたくしは死もいとわず明主のためにした昔日の古人とは反対に、死ぬ覚悟で君のお命を取ろうとしたものでございます、君の誅殺に服すは当然でありましょう。ですが、もしお聞き届けありますならば、せめてはわたくしもあのように君のお着物に撃ちかかりたいものでございます。わたくしのほうは覚悟のとおり死出の旅へ向かいますも、これは恨みも恨まれもすることではないと存じます。わたくしごときが望むところではないかもしれません、最期なれば我が腹心のものを大風呂敷のようにひろげました』。
 今にも処刑される今際のきわでありながら、今日の事を昔日の明主と忠臣の暗殺未遂の事になぞらえ、しかも死出の旅の自分をいにしえの忠臣と言うよりは生き残る仇敵を名高い明主に擬することに意を凝らす優雅な即興の語り。襄子は涙も忘れてしばし耳に残る予譲の声に聞き惚れ、その話を義であるとし、そして着物を斬られて覇者となった名高い明主のように、自分も着物を使者に持たせて望みのまま予譲に下賜した。
 予譲は剣を抜き、典雅にその着物の周りで飛び跳ねて天に叫び上げて撃ち掛かると、またそれの周りを典雅に飛び跳ね、古式ゆかしくその雄々しい儀礼を三度くりかえしてから、趙襄子の寛大な処置に頭を下げ、そして深く呼吸して言った。『これで知伯に報いることができる』。故主の仇を眼前にしながら、お命頂戴でもなく、仇本人に一矢報いるでもなく、せいぜい着物に三太刀の残り物しかなかったが、それでも手土産は手土産、とっくにこの世の煩悩から脱している鬼籍の故主が手土産の多寡でへそを曲げるわけもなく、手土産を調えて君恩に顔向けしに行く律義者がいれば充分だった。予譲は剣を自分に向けて逆手に持つと、自刃して剣に突っ伏した。己を知る主君にまさしく命懸けで仕えることができた義士の死に顔は潔かった。
 予譲が自害して果てた日、趙国の士階級はその悲壮な話を聞いて、みな涙ながして泣いた。

inserted by FC2 system