シューベルト歌曲「魔王」(日本語)

語り手: 風吹く夜に馬を走らす者は誰?
それは父親とその子供
父はわが子を腕に抱き
しっかり抱いて暖かくしている

「坊、何が恐くて顔を隠す?」
「見て、お父さま、魔王がいるよ?
王冠とシッポがある魔王だよ?」
「坊よ、あれはただの霧だ」

(魔王: 可愛い子、こっちおいで!
面白いことして遊びましょう
たくさんの綺麗な花が咲いて
私の母は黄金の衣装をいっぱい持ってる)

「お父さま、お父さま、きこえるよ
魔王がこっそり誘ってるよ?」
「落着きなさい、落着くんだ、坊や
風で枯葉が鳴っているだけだ」

(魔王: うん、いい子だ、こっち来ない?
わたしの娘たちも待ってますよ
わたしの娘たちが子守唄を聞かせるように
手を取って踊って歌って寝かせよう
娘たちが手を取って踊って歌って)

「お父さま、お父さま、あっち見て
魔王の娘たちが暗がりにいるんだよ?」
「坊や、坊や、何でもないんだ
あれは枯れた灰色の柳の樹ぢゃないか」

(魔王: かわいいねぇ、気に入ってしまったよ
いやだってぇなら、力ずくでかっさらうぞ)
「お父さま、お父さま、つかんでる!
魔王が僕を連れてっちゃう!」

語り手: 父は恐ろしくなって急に馬を飛ばした
苦しがる子を腕に抱いて
やっと疲れきって着いたとき
腕に抱く子は息絶えていた

inserted by FC2 system