Nostalgi. jp

Sing, Sing, Sing

このページの構成

【概要】

分類: Jazz
作曲: 1936年
歌手: テレサ・ブリュワー
録音: 1952年
備考: 

【解題】


 【 米国ポピュラーの源流 】

 テレサ・ブリュワーの歌う「シング・シング・シング」。
 この歌自体の知ったことではないでしょうが、日本人としてこれを聴くと、妙に昭和占領期の風景が思い浮かんでしまいます。進駐軍とかギブ・ミー・チューインガムとか。
 いわゆる戦後期を舞台にした映画の中でこれが使われていたせいかもしれません。
 しかしテレサ・ブリュワーの録音が1952年、彼女の歌手デビューも1950年ですから、1945年から日本に駐留する米兵がよく入り浸っていたジャズ・バーなどで、これが実際に流れていたかといえば、どうなのでしょうか。
 さて、歌のほうに話を戻すと、歌っているテレサ・ブリュワーは1950年代の米国でたいへん人気のあった歌手のようです。ジャズの女王という異名を取っていたといいます。
 この妖しい魅力に満ちた歌を聴けばそれも納得できます。
 ただし、今でも聞くに値するこれほどの名カヴァーでありながら、なぜか当時はシングル発売されていません。
 彼女の代表曲といえば、同年リリース、日本の雪村いづみもカヴァーした「想い出のワルツ」になりますが、代表曲と同じ年に録音されたこの「シング・シング・シング」も、彼女の全盛期に作られた名品の一つと言えそうです。
 ところで曲自体は誰の持ち歌というわけでもなく、1936年作曲のジャズのスタンダード・ナンバーです。
 作曲者はルイ・プリマ。自身もこの曲を演奏しています。
 ルイ・プリマは古い時代から活躍するジャズ界の巨星だそうです。歌も歌う名トランぺッター。スウィングの帝王という異名があります。
 この「シング・シング・シング」も、もともとは歌よりトランペットのために作られた感があります。

Jan 15, 2017 - サイト管理人

下の ▶ « Nostalgi Mail » より送信します。
● 作品名、【概要】、【解題】は必須です。
● 画像・楽曲などのコンテンツ・ファイル添付は任意です。




【 Sing, Sing, Sing (With a Swing) 】

write: Louis Prima (1936)
sing: Teresa Brewer (1952)

※ 音量にご注意ください。
【 Sing, Sing, Sing 】

write, vocal & trumpet: Louis Prima

※ 音量にご注意ください。
【 St. Louis Blues 】

write: William Christopher Handy (1914)
play: Louis Prima

※ 音量にご注意ください。

Wikipedia によると——

▶  | 映 画 | ▶  | 俳 優 | ▶  | 監 督 |
▶  | 楽 曲 | ▶  | 歌 手 | ▶  | 作 曲 |
▶  | テレビ | ▶  | マンガ | ▶  | アニメ |
▶  | ゲーム | ▶  | 書 籍 | ▶  | 歴 史 |

▲ ページTop

inserted by FC2 system